So-net無料ブログ作成
検索選択
外国語教育 ブログトップ

私の英語学習歴 [外国語教育]

このようなタイトルで書けるほどの内容を持っているとは言い難いのですが、話題の?企画(http://d.hatena.ne.jp/anfieldroad/20110301/p1)に乗っかるかたちで、少し書いてみます。中学入学以前、中学校、高校、大学以後、という区切りにしています。

中学校入学以前

私の英語(学習)とのファーストコンタクトは「公文式」です。小学校高学年のころ少しやっていました。正確には覚えていないのですが、おそらく中学校1年の範囲ぐらいはカバーしていたのではないかと思います。残念ながら単語やら文やらをひたすら書いていた、という記憶しか無く、当時の教材がどのようなもので、どのような項目を取り扱っていたのか、今となってはわかりません。ただ、中学で英語に苦労しなかったのはこれのおかげかな、という感じはします。

英語の暗唱大会

中学時代、当時の担当教員に勧められるまま出場することに。素材は、教科書に載っていた弁護士と帽子にまつわる物語。練習は、「テープを聞いて模倣ALTのチェック発音の修正」をひたすら繰り返していました。発音のほかには、セリフの読み方、身振りや手振りについても指導を受けました。当日使用した小道具(帽子)も功を奏してか、結果は入賞。以後、英語を音声で表現すること(特に発音)には特に注意を向けるようになりました。また、この経験を通して発音の技能も多少は習得できたと思います。

高校時代

基本的に学校の授業が中心でしたから、あまり特別なことをした記憶はありません。ただ、学校から配布された「学習の手引き」の指示にしたがって(細かいところは自分なりにアレンジしながら)、 

予習:本文の視写(一語一語ではなく意味の塊の単位で段落毎の要旨まとめ全訳

復習:(本文の朗読CDを聴きながら)繰り返し音読、黙読、必要なポイントの暗記。 

というような、よくあるパターンの勉強方法でした。

英英辞典を使い始めたのもこの頃からでした。父親の書棚からIdiomatic and Syntactic English Dictionary(「新英英大辞典」、開拓社)を持ち出し、常に携帯して分からない単語を調べ、必要に応じてノートなどに抜き書きしていました。この辞書は1942年の出版(ちなみにOALDの前身)であり、時代錯誤も甚だしいチョイスと言われそうですが、高校生の私には非常に使い勝手が良かった。まずは、定義が簡潔なこと。教科書の端の狭い余白でもメモがしやすかった。そして、平易な英語で定義され、イラストも適度に使用されていること。もちろん一部分かりにくいものもありましたが、英和も併用することで十分理解ができました(なお、この辞書は現在も入手可能です。私自身、後に新しいものを購入しました。現在は革装と並装の2冊持っています笑)。

写真.JPG新英英大辞典から

大学受験参考書として印象深いのは、「ビジュアル英文解釈Part 1/2」(伊藤和夫著)でした。2冊やりきるのに1年半ほど掛かりましたが、学校の授業で学んできた項目が、「読むための文法」として頭の中で整理され、ずいぶんと力がついた気がします。「英語を読む(理解する)とはどういうことなのか」という問題について、一つの考え方を与えてくれた本でした(この本で示されたスタンスは、現在の私の仕事にも影響を与えています)。 

大学~現在

学部時代の英語学習の柱の一つはディクテーションでした。一般英語の授業で毎週BBCのニュースを2本書き取ってくるという課題があったのがきっかけでした。やっていたことは単純で、「書き取り授業での答え合わせ復習」でした。特に復習では「聞き違えた音を文字の通りに聞こえるようになるまで何度も聞く」あるいは「文字を見ずに頭の中で一字一句追いかけられるようになるまで繰り返し聞く」といったことに留意していました。 

授業のアサインメント以外には、英字新聞の社説を読むようにしていました。切り抜きをノートに貼り、分からない単語や表現などを辞書(英英辞書が中心)で調べ、すらすら読めるようになるまで音読と黙読を繰り返す、ことを日課にしていました。

辞書を使わずに、大概の英文がある程度読めるようになってきたころからは、多読多聴へ力点をシフトしました。教材(授業の教科書のほか)は、おもに英字新聞と英語ニュース放送。知らない単語や表現は英英辞典で調べてノートに書きつけていくようにし、そのメモは通学途中に眺めるなどして、覚えてしまうように努めていました。

 pic.JPG当時の単語帳から

英語の発音に関しては、音声学の授業をきっかけに、自分の発音を矯正しました。Gimson’s Pronunciation of Englishや「英語音声学入門」(松坂ヒロシ著)、「イギリス英語のイントネーション」(Intonation of Colloquial Englishの邦訳)を参考にしながら練習していました。 

書くことについては、英語で日記をつけていました。とりあえず身の回りのことを英語で言えるようにしようという考えからでした。このほか、授業で課された英語レポートや卒業論文を英語で書いたことも力になりました。

現在は、英語で情報収集するなかで、語彙の補強などに努めている、という感じです。基本は新聞、英語放送、その他、専門に関わる読書など(あと、授業の教材研究)。SpeakingWritingについては、英語で授業をする、書きものは原則英語にする、身の周りの英語話者と話す、など工夫はしているつもりです。

 

さて、いろいろと書いてきましたが、見直してみると、私の学習に含まれる要素としては、ざっと見た感じで、「繰り返し」「(既習教材の)音読と黙読」「書き取り」「パラフレーズ(英英辞書を使う)」「フレーズリーディング」「発音」「単語帳づくり」「精読」「多読」といったところでしょうか…。

 

んー。あまりインパクトがないなあ…。

 

学会(例会)雑感 [外国語教育]

昨日、中等教育機関の教員がメインの学会である「英語授業研究学会」の例会に参加してきました。例会といっても、ゲストスピーカーによる講演を中心とした特別企画であり、ちょっとした支部大会のような感じもありましたね。

プログラムの1つ目の講演は、小学校英語に関しての高橋一幸氏(神奈川大)の発表。私は、残念ながら、これには間に合いませんで、ほとんど聞けていません。かろうじて、小学校英語の実例ということで、大阪府と神奈川県の2校での実践例を映像で見ることができました。特に、後者の事例では、6年生の英語による卒業スピーチの様子が印象的でしたね。もちろん小学生(で、かつ外国語でやるもの)なので、細かいところ(文と文のつながり、論理関係など)は突っ込みどころ満載ですが、このような経験が、「(英語を)もっと学んでみたい」という動機付けになるのなら、「外国語活動」も一定の意義はあるかな、と思います。

2つ目は、筑波大附属中の久保野りえ氏の、中学校英語教科書の本文の扱い方に関するお話。「真の英語力」を「直読直解できる」(これは、単純に「英語を前から順番に理解していく」以上の意味、概念を含んでいると思われるが)と定義し、これを授業作りの出発点としているようです。オーラルイントロとそれに続くQ&Aの実演もありました。自分がいま普段の授業で行っているやり方(発問の切り口、(説明の)日本語の使い方、写真や絵などを援用した内容および語彙の導入の仕方など)と方向性が同じであり、自分がこれまでやってきたことが大きくは「外れ」ていないことが確認できたような気がして安心(?)。ただ、オーラルイントロダクションに続く読解活動の部分も見たかった。

3つ目は、高橋正弘氏(神奈川県立大和西高)による、高校英語授業における、「日問音読」と「英問音読」の実践事例。(やや乱暴なまとめ方ですが)フレーズリーディングやchrous reading、読解発問(Q&A)、文法説明などをすべて統合した指導手順とでもいいましょうか。下の例にあるように「教師が括弧内の日本語で問いかける→生徒・学生は、その答となる(続きの)英語を音読」というようなかたちでテンポよく進めます。

 (いつのこと?)In 1977, (誰が何をしたの?)Wangari Maathai began a movemet (どんな運動を始めたの?)to save Africa's forest...

「日問」で内容理解も含めた音読練習のあと、「英問(上の括弧内の日本語が英語になる)」で練習というのが一連の流れのようで、実演もしていただきました。これは、どの教師も、程度の差こそあれ、無意識のうちにやっていることだとは思うのですが、一つのポイントは、括弧のところで、どんなキュー(発問、指示 or 解説 etc.)を繰り出すか、というところでしょうね。文章理解を引き起こすような、そして、簡潔明快なキューを投げかけなくてはいけませんから。そのための「言葉」を教師がどれだけ持っているか・・・この指導手順、本当の意味で使いこなすには、教師の力量が問われると思いますよ。

そして、最後は、中嶋洋一氏(関西外国語大学)の「学習の目的とは何か?-教科の論理と生活の論理」。講演を聴きながら、学習者に対して教師とは何なのか、考えました。私なりに、中島氏の話をふまえて、教師の役割を定義してみると、

「場面と文脈、話し手や書き手の気持ち(感情、意図)」と「それを表現する、記号としての言語あるいは談話」のあいだの双方向の矢印の理解をfacilitateする。

となります。そして、この2つをつなげることが、「生活」と結びつける、ということなんだと思います。そのプロセスで、いわゆる英語に「ついて」の知識(例えば文法・語法)を乗せられるかどうか、また、どのように乗せるか。中等教育機関の教員の<専門性>とはこういうことなのではないでしょうか。単に言語学や英語教授法に精通しているだとか、英米文学への教養が深いだとかはその<専門性>の一部に過ぎないでしょう。

指導技術なり知識をどんなに仕入れたとしても、この<専門性>を意識し、自分の頭で考えることがなければ、決して授業力はつかない―中島氏のメッセージを「私の立場で解釈」すると、このようになりました(いかがでしょうか?誤解してるかも知れませんが…)。

そして、講演のあとは、「お年玉大抽選会」(毎年恒例のようです)ということで、運よく当選して本がもらえました。実はすでに持っています笑。だって、多かれ少なかれ英語で授業やってるんですから、必読文献ですよね。でも、勤務先でのレファレンス用にちょうど良かった。ラッキーです。

アウトプット重視の英語授業

アウトプット重視の英語授業

  • 作者: 伊東 治己
  • 出版社/メーカー: 教育出版
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本

 


「英語の授業は英語で」―新学習指導要領案(高校)に思うこと [外国語教育]

昨年末に話題になりましたが、新しい高等学校学習指導要領案のなかにこんな一節が現れました。

英語に関する各科目については,その特質にかんがみ,生徒が英語に触れる機会を充実するとともに,授業を実際のコミュニケーションの場面とするため,授業は英語で行うことを基本とする。(出典:文科省HP http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/news/081223/002.pdf

で、一部の報道によると、これはかなりの賛否両論を呼んでいるとかいないとか。「理解度に差があり英語で授業は無理」「苦手な生徒がますます英語から離れていく」「大学入試の英文は日本語で説明しなくては時間のロス」などなど、現場のセンセイたちの困惑(と反発?)の声を紹介していました。

さて、この問題、様々な視点から議論は可能だと思いますが、私個人としては、今回のハナシの1つの大きなポイントは、「言語材料を教授(学習)する場としての授業」という考え方ではなく「目標言語の使用経験を積む場所としての授業」という考え方を、語学授業の基本コンセプトとして(今まで以上に明確に)突きつけてきた、ということなのではないかと思っています。

だとすれば、文科省のいう「コミュニケーション」を念頭に置いた英語の授業は(可能な限り)英語で行うのが望ましいと思いますし、むしろそうあるべきだと、私は考えます。

このブログで前にも指摘しましたが、英語で授業を受けるということは、ひとつの(限定された意味にはなりますが)authenticな、つまり、彼らの学校生活に根ざしたプラクティカルな目的のある英語使用経験であり、これを週3~4時間程度(年間120~160時間ぐらいにはなるでしょうか)であっても持たせてやることは、ここ日本において学習者が英語を「使う」機会が皆無である以上、非常に大切なことであると思うのです。授業時間が、その言語を使う(わなくてはいけない)状況としての役割を果たすということなのです。

ただ、ここで、間違えてはいけないのは、この「使用経験」は、無条件に言語材料の「学習」につながるわけではないし、「定着」につながるわけでもないということです。

個々の語学教師が相手にする学習者は様々で、それこそ、「bとdの区別がつかない」からnear-nativeレベルまでいるわけで、その点、文科省も当然バカではないので、

「生徒の理解の程度に応じた英語を用いるよう十分配慮するものとする」(文科省HP)

と但し書きを付け、「どの程度、英語で授業するかは現場の判断に任せる」(毎日新聞、12月22日)としています。

つまり、「是が非でもAll Englishの授業」と言っているわけではなく、どういう授業をデザインするかは結局のところ、実際の学習者を前にした語学教師がアタマを使って考えなさい、ということなのだと(私は)思います。

英語だけで教える授業はいきなりやっても成立しません。そんなことは当たり前なのです。最終的な目標を「授業時間をコミュニケーションの場とする」なら、そこにいたるまでは効果的に母語を使用しながら、授業のなかで、その目標を達成する素地作りを年度の初めから計画的に行う必要があるのです。

具体的にいえば、将来的に活動指示を英語で出しかつスムーズに活動を展開したいなら、その指示のバリエーションをしっかりと教え込まなくてはいけない。(英語で展開される)授業の中で使う表現や文法等は事前にしっかりと教え込んでおかなくてはいけない。また、生徒が教師の質問に適切に応答するためには、基本的な問答パターンのドリル練習も必要だし、適切に発音するためには、発音の知識、言語材料の音読練習は欠かせません。

結局、「教授(学習)する場」としての授業と「使用経験を積む場」としてのそれは決して相反するものではなく、お互いを補完するものと考えるべきで、言語材料についての「教授(学習)」(これは日本語でも構わない)を全体の授業設計の中にうまく織り込みつつ、授業中に行われる教師と生徒、生徒同士の英語によるやり取りという「使用経験」が「定着」に貢献するような仕掛けを年間計画のなかで作ることが肝要だ、ということなのでしょう。

まあ、冷静に考えてみると、こんなことは、教えるプロとして必要不可欠な授業デザイン力の基本的な部分であって、これが出来ないということは「教師としての技量と見識がない」ということに等しいことになるのではないでしょうか。

今回の学習指導要領は、「英語で授業をする力」云々と同時に、これまで(無批判に)言語材料の教授のみに終始してきた語学教師の「授業力」を問うているようにも見えてなりません。

外国語教育 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。