So-net無料ブログ作成

Turnbull & Asserのシャツ [趣味]

シャツに拘りのある人なら良く知っている英国Turnbull & Asser。国内でも手に入りますが、オンラインショップでイギリスから直接取り寄せることもできます。レディメイドのほかに、カスタムメイドも可能です。

オーダーの手続きは非常に簡単で、生地とデザインを選び、首周りを基準にして、胸囲と胴囲、裄丈、尻周り、カフス、body lengthの指定をします。ただし、実寸そのままが反映されるのではなく、それに一番近いものを選ぶ方式。選んだサイズに応じた仕上がり寸法も表示されるようになっています。慣れている人は、それを見ながら、なんとなく好みのフィッティング(タイト、普通、ゆったり)に近づけるべく微調整できるかもしれません。

私は首周り14ハーフで、自分の体に当てはまるサイズをおおむね指定できたので、悪くない感じ。百貨店でオーダーシャツを作ったときの採寸データと仕上がり寸を参考にしながら指定してみました。

ただし、裄については、一番短い指定で82.6cmしか選択肢がありませんでした(さらに、これに縮みを考慮した1.3cmが、プラスされてしまう)。これで作るとなると、受け取ってから国内の業者にお直しに出さなくてはいけなくなり、手間と更なるコストがかかるので、メールで80cmで作れないか、と直接頼んでみたところ、OKということになりました。

おそらく、この感じだと、要望は出してみれば、ある程度は検討してくれるかもしれません(次にオーダーする時には、他の要望もしてみたいと思っています)。

写真は、 実際に仕上がってきたもの。生地は薄いブルーのポプリン、襟はタンブルカラー、カフスはダブルにしました。

photo.jpg   photo cuff.jpg photo backsytle.jpg

出来上がってきたものを見ての感想。全体的に縫製は良いと思います。生地も悪くありません。ブランドタグにはMade in Englandの文字がちゃんと(?)あります。

カフのところの仕上げは、いわゆるプリーツとはちがっていて、雰囲気がありますね。sleeve placketのボタンは、私が指示を忘れたのでついていませんが、オプション扱いだったので、無しが普通なんですかね。襟とカフの芯は固めかと思ったのですが、そうでもありませんでした。

バックスタイルは、2本の背プリーツに、スプリット・ヨーク仕立てになっています。もっとも、これも珍しいディテールではありませんが・・・。 

着心地はいい(ような気がする、笑)。フィッティングは、 既製品だと、私の体型にはまず間違いなくここまで合わないので、非常に満足しています。 

turnbull and asser.jpg

精確なフィッティングを求めるのであれば、おそらく国内のシャツ屋さんでフルオーダーしたほうがいいかもしれません。Turnbull & Asserのデザイン(全体の雰囲気、特に襟型のようなもの)を魅力に感じるのであれば、試してみる価値は十分にあるのではないかな、と思います。 

今回のシャツは、£145(関税込みで日本円でおよそ18,000円ほど)でした。国内で買うと、既製品が3万オーバーで、裄の直し代が(たぶん)かかるので、それを考慮に入れると、リーズナブルな値段だと言えます。


nice!(4)  コメント(0) 

ブレイシーズの留め革 [趣味]

長年使用してきたブレイシーズ(ズボン吊)の留め革なんですが、手入れもせず酷使してきたので、色が剥げてしまいました。

image-20120202141142.png

まあ、無残な姿です。で、目立たなくする為に、色を塗ることにしました。使用したのはコロンブスの補色クリーム。「カラーリペア」という商品です。

image-20120202141440.png

ブラシにつけて着色したいところへ塗ります。そして乾くまでしばらく放置。そして、ブラシをかけたあと、布で磨きます。仕上がりは、

image-20120202142212.png

という感じ。真っ黒にはなりませんでしたが(やろうと思えばできるのですが、疲れたので妥協)、目立たなくはなりました。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。