So-net無料ブログ作成
検索選択

私の英語学習歴 [外国語教育]

このようなタイトルで書けるほどの内容を持っているとは言い難いのですが、話題の?企画(http://d.hatena.ne.jp/anfieldroad/20110301/p1)に乗っかるかたちで、少し書いてみます。中学入学以前、中学校、高校、大学以後、という区切りにしています。

中学校入学以前

私の英語(学習)とのファーストコンタクトは「公文式」です。小学校高学年のころ少しやっていました。正確には覚えていないのですが、おそらく中学校1年の範囲ぐらいはカバーしていたのではないかと思います。残念ながら単語やら文やらをひたすら書いていた、という記憶しか無く、当時の教材がどのようなもので、どのような項目を取り扱っていたのか、今となってはわかりません。ただ、中学で英語に苦労しなかったのはこれのおかげかな、という感じはします。

英語の暗唱大会

中学時代、当時の担当教員に勧められるまま出場することに。素材は、教科書に載っていた弁護士と帽子にまつわる物語。練習は、「テープを聞いて模倣ALTのチェック発音の修正」をひたすら繰り返していました。発音のほかには、セリフの読み方、身振りや手振りについても指導を受けました。当日使用した小道具(帽子)も功を奏してか、結果は入賞。以後、英語を音声で表現すること(特に発音)には特に注意を向けるようになりました。また、この経験を通して発音の技能も多少は習得できたと思います。

高校時代

基本的に学校の授業が中心でしたから、あまり特別なことをした記憶はありません。ただ、学校から配布された「学習の手引き」の指示にしたがって(細かいところは自分なりにアレンジしながら)、 

予習:本文の視写(一語一語ではなく意味の塊の単位で段落毎の要旨まとめ全訳

復習:(本文の朗読CDを聴きながら)繰り返し音読、黙読、必要なポイントの暗記。 

というような、よくあるパターンの勉強方法でした。

英英辞典を使い始めたのもこの頃からでした。父親の書棚からIdiomatic and Syntactic English Dictionary(「新英英大辞典」、開拓社)を持ち出し、常に携帯して分からない単語を調べ、必要に応じてノートなどに抜き書きしていました。この辞書は1942年の出版(ちなみにOALDの前身)であり、時代錯誤も甚だしいチョイスと言われそうですが、高校生の私には非常に使い勝手が良かった。まずは、定義が簡潔なこと。教科書の端の狭い余白でもメモがしやすかった。そして、平易な英語で定義され、イラストも適度に使用されていること。もちろん一部分かりにくいものもありましたが、英和も併用することで十分理解ができました(なお、この辞書は現在も入手可能です。私自身、後に新しいものを購入しました。現在は革装と並装の2冊持っています笑)。

写真.JPG新英英大辞典から

大学受験参考書として印象深いのは、「ビジュアル英文解釈Part 1/2」(伊藤和夫著)でした。2冊やりきるのに1年半ほど掛かりましたが、学校の授業で学んできた項目が、「読むための文法」として頭の中で整理され、ずいぶんと力がついた気がします。「英語を読む(理解する)とはどういうことなのか」という問題について、一つの考え方を与えてくれた本でした(この本で示されたスタンスは、現在の私の仕事にも影響を与えています)。 

大学~現在

学部時代の英語学習の柱の一つはディクテーションでした。一般英語の授業で毎週BBCのニュースを2本書き取ってくるという課題があったのがきっかけでした。やっていたことは単純で、「書き取り授業での答え合わせ復習」でした。特に復習では「聞き違えた音を文字の通りに聞こえるようになるまで何度も聞く」あるいは「文字を見ずに頭の中で一字一句追いかけられるようになるまで繰り返し聞く」といったことに留意していました。 

授業のアサインメント以外には、英字新聞の社説を読むようにしていました。切り抜きをノートに貼り、分からない単語や表現などを辞書(英英辞書が中心)で調べ、すらすら読めるようになるまで音読と黙読を繰り返す、ことを日課にしていました。

辞書を使わずに、大概の英文がある程度読めるようになってきたころからは、多読多聴へ力点をシフトしました。教材(授業の教科書のほか)は、おもに英字新聞と英語ニュース放送。知らない単語や表現は英英辞典で調べてノートに書きつけていくようにし、そのメモは通学途中に眺めるなどして、覚えてしまうように努めていました。

 pic.JPG当時の単語帳から

英語の発音に関しては、音声学の授業をきっかけに、自分の発音を矯正しました。Gimson’s Pronunciation of Englishや「英語音声学入門」(松坂ヒロシ著)、「イギリス英語のイントネーション」(Intonation of Colloquial Englishの邦訳)を参考にしながら練習していました。 

書くことについては、英語で日記をつけていました。とりあえず身の回りのことを英語で言えるようにしようという考えからでした。このほか、授業で課された英語レポートや卒業論文を英語で書いたことも力になりました。

現在は、英語で情報収集するなかで、語彙の補強などに努めている、という感じです。基本は新聞、英語放送、その他、専門に関わる読書など(あと、授業の教材研究)。SpeakingWritingについては、英語で授業をする、書きものは原則英語にする、身の周りの英語話者と話す、など工夫はしているつもりです。

 

さて、いろいろと書いてきましたが、見直してみると、私の学習に含まれる要素としては、ざっと見た感じで、「繰り返し」「(既習教材の)音読と黙読」「書き取り」「パラフレーズ(英英辞書を使う)」「フレーズリーディング」「発音」「単語帳づくり」「精読」「多読」といったところでしょうか…。

 

んー。あまりインパクトがないなあ…。

 

ロードマーベル36000 [趣味]

私の趣味と言うほどではありませんが、腕時計コレクションがあります。

いわゆる「ブランドもの」というのにはあまり興味が無く、本当に良い(と思える)もの、気に入ったものだけを持っています。そんななかの一本です。

image-20110222160639.png (新しいiPodから更新してみたものの、カメラが使い物にならないので、写真はiPhoneを借りて撮りました)

iPodから更新してみる

アプリをいれてみたので、試験的に書いています。写真と音声ぐらいしかアップできない模様。あとはマルチタスクに対応してないのか、うっかり切り替えてしまうと、作業内容が保存されない?…使い勝手は微妙ですね…。

とは言え、これで少しは更新頻度が上がることを期待したい…。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。