So-net無料ブログ作成
検索選択

メンセツの達人 [日常(学校)]

先日、高校の推薦入試が行われました。これは一般入試とは違って、スポーツ分野や文化分野でのクラブ活動や課外活動の実績で出願し、面接と小論文で選抜するものです。私立学校なら、どこもよくやっている形態の試験だと思います。

今年度の入試では、なんと主任面接官を拝命(!)。ウチの場合は、1グループ5人の教員で1人の受験生を面接をするんですが(合計で10グループに分かれる)、その「まとめ役」ですね。

小論文試験のあと1時間ほどで面接が始まることになっていたのですが、担当者の発表と資料配布がこのタイミングなので、昼食や何かしらの別の仕事で慌しくしている合間に、業務内容や受験者についての資料を読んでおかなくてはならず、これがかなり忙しい。

この「資料」というのが曲者で、何よりも受験者の「活動実績」についての文書の量が膨大すぎて、1時間程度では全てを読み込むのは不可能なほどのボリューム。

そのうえ、業務内容の説明書には、面接での具体的な質問項目や具体的な評価基準が一切書いていない。書かれているのは、「入学後、出願分野での活動を続ける意思の確認をする」、「受験者の良い面を引き出せるような質問を考えろ」という趣旨の指示と、「悪い(1)」~「非常に良い(5)」までの5段階の評定のみ。細かいことは、面接官の裁量で?!…いいのかなあ。

とにかく、責任者は、資料をもとに具体的な質問内容等を(自分で)考えなくてはいけない。但し、役所からの通達による「避けるべき質問」(例えば、「愛読書は?」というのはダメ。思想・信条の調査と解されるため。)もあったりするので、結局、「自己紹介」、「志望動機」、「本校でどんな高校生活を送るつもりか」の3つの質問を中心に、適宜補足の質問していくというお決まりパターンで行くことにしました。

実際やってみるといろいろ忙しくて、ごちゃごちゃと質問している余裕が私自身にありませんでした。責任者は(自分を含め他の)面接官の質問と受験生の応答をすべて記録しなくてはいけないのです。相手の話を聞きながら、ペンを走らせる。でも、受験生の話を聞きながら下を向くわけにはいかないから、自ずと書くスピードはあまり早く出来ない・・・。結局、事前に考えておいた質問をして、その応答を聞くだけで精一杯。受験生の応答に対してさらに掘り下げる質問は出来ませんでした。それでも、私は意地悪なんで笑、多少は(中学生にとっては)難しい質問をしてみたりした場面もありましたが。

ただ、この面接、資料も満足に見られていないうえに、事前打ち合わせも(実は)皆無、質問内容は自由、という、いわば出たトコ勝負みたいな感じになっているので、主任面接官としては、他の人が何を質問するのかは、全く予想がつかないわけですね。これには参りました。例えば、ある在校生と出身校が同じ学生に「(本校には)○○という(君の先輩にあたる)人がいるけど、知ってる?」というような、意図不明な質問が出てきたり、挙句の果てには、特技が中国語とかいう学生に、「面白そうだから自己紹介とかちょっとやってみてよ」と、実演させるも、中国語はその子の出願分野(スポーツ)とは全く関係なかった…などなど。

この推薦入試の面接は一体何だったのか?と、突拍子もない発言を止められなかった主任面接官としての責任を感じつつ、考えています。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。