So-net無料ブログ作成

紀要論文の執筆 [日常(学校)]

別に書かなくてもいいんですが、これでも研究者崩れなので、日々の英語を教えるという業務のほかに、専攻分野の論文などを書いたりしています。とはいえ、専任になってからは、いろいろな雑用に忙殺されて、査読付きの学会誌などに投稿して・・・というような具合にはいきませんで、学内紀要に掲載するものにとどまっているのが現状です[あせあせ(飛び散る汗)](それでも、手前味噌になりますが、ウチの研究紀要は、そこいらの中学・高校の同種の雑誌よりは、内容的にレベルは高いと思いますし、刊行物としてもしっかりしたものです。中高レベルの紀要では珍しく、ISSNも取得しています)。

私は、論文を書くにあたっては、原則英語で書くことをポリシーとしています。理由はいろいろあるのですが、英語科の外国人教員を含めて読者を想定していることが大きいです。あとは、分野の性格上、英語で書かないと資料価値が半減してしまう(←自分で言うのはおこがましいのですが)ことでしょうか。まあ、ウチの場合、英語で書くと、学内の日本人読者の数が半減、いや、全滅してしまうというパラドックスがあるんですが笑。こればかりは、どうしようもありませんね。

今回も英語の論文を1本掲載することになっていて、現在、校正中です。学内紀要の場合は、校正といっても査読論文と違って、誤植の訂正以外も可能だったりします。初校の段階でいろいろ気になることが出てきて、結構、加筆修正してしまった(編集委員の皆さんごめんなさい)。文章を変えたぶん、ネイティブの再校閲が必要になるので、ちょっと大変でした。

おまけに今回は、共著論文も1本(ただし、こちらは日本語)載せることになっていて、こちらも同時進行で校正しなくてはいけない。筆頭著者なもんで、最終的な作業は全部私の担当ということで、論文作業には例年より余計に時間がかかっています。

これだけ労力をかけて書き上げても、別に出世するわけでも給与が上がるわけでもありません。残念なことに、「論文なんて書いてる暇があったら・・・」と批判される可能性すらあります。

じゃあ何で書くのか?まあ、端的には、「書きたいから」ということになります。もう少し言えば、自分の(現場での)実践なり経験、思考を、(アカデミックな)「コトバ」を使って記述し、分析し、整理をしておきたいから、ということでしょうか。あるいは、ただのteacherではなく、teacher-researcherでありたいという私自身の願望もあるのかもしれません。

いずれにしても、自分の力の及ぶ限りクオリティの高い研究を行い、その成果を日々の教育実践に織り込んでいけるように精進するのみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。