So-net無料ブログ作成

長期休暇中の宿題が・・・ [授業実践]

後期に入ってからの授業も徐々に軌道に乗りつつあるなかで、生徒から提出された教科書本文の英語による要約課題をパラパラとよみながら、冬休み中にどんなことを宿題としてさせようか、と思案をめぐらせていたところ、一緒に科目を担当しているある一人の教員が、こんなことを言ってきた。

「冬休みは、社会のレポートが大変だから、宿題は出来ない子とってはきついよ。だから、単語集の暗記だけにして、その他の課題は出すのを止めましょう」

なんだそれ。勉強が大変になっている生徒にさらに追い討ちをかけないために、という発想なのでしょうが、科目としてのハードルを安易に下げてしまうのはどうなのか。激しい違和感を覚えると同時に、憤りさえも感じます。

長期休暇というのは、たとえば、(ありきたりのパターンだと)文法・読解問題集に取り組ませたり、英語の本を一冊読ませたり、英作文を書かせてみたりなど、普段の授業での指導の中で手薄になっている部分を補強するいいチャンスと捉えるべきだと考えます。「宿題」というある種の強制力があるからこそ、英語が得意な学生(特にそのなかでも、自主的に勉強する、という意思が弱い人)から苦手な生徒まで、往々にして難しく厳しい課題に取り組むことができるのではないでしょうか。

その強制力をなくしてしまった時、いったい誰が勉強するというのか。ごく数%の英語が好きな生徒以外は、はっきり言って誰も勉強しないでしょう(もちろん、強制力が無い=勉強しない、というが常に真であるとは思っていませんが)。ましてや、うちのような大学付属校だと、なおさらです。大多数の生徒が、いわゆる大学受験はしませんから。

他教科も含めて勉強が(シャレにならないほど)大変になっている生徒が可哀想だからと、彼らのために全体のレベルを下げる必要なんて全く無い。そんなアホなことを考えている暇があったら、彼らが課題を遂行するために必要な支援はいったい何なのか、ということを考えたほうがいいし、むしろ考えるべきではないでしょうか。

科目の coordinator は、私なんですけど、いろいろ諸事情があって、あの人には、ちょっと逆らえないという…。この「諸事情」が、結構いろいろな障壁になってるんだよなあ…病んでますよ、ホントに笑。というわけで、まことに残念ながら、冬休みは、単語集の暗記以外は何も無し、ということに同意せざる得ないという悲しい結末です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。